美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

村上華岳MURAKAMI Kagaku1888-1939

聖蓮華(しょうれんげ)

聖蓮華
1937(昭和12)
紙本彩色、軸
114.2×31.8cm

昭和に入ってから画壇と一線を画すようになった村上華岳は、墨を用いて色彩を抑えた作品を多く描くようになりました。牡丹や六甲の山々を主題にするとともに、なによりも心血を注いだのが仏画でした。その制作でひたむきに追い求めた仏の姿は、釈迦や観音菩薩です。求道の釈迦は華岳自身を思わせ、また、観音像は優美で官能的なものでした。

本作品では、しなやかな衣と豪奢な飾り物を身にまとい、(はす)一輪を手にした観音を描いており、祈りの対象としてだけでなく、女性としての妖艶な姿ややわらかな形を感じさせます。そこには仏画に描き求めてきた「()(おん)の女性」、理想の女性像の化身(けしん)が宿っているのでしょう。

その他のコレクション -村上華岳-

  • 牡丹花
  • 観音
  • 牡丹遊蝶図
  • 寒岫松籟図
  • 如意輪観音図
  • 拈華観音

セレクト10 -日本画-

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

臨時休館について
台風や大雪など天候の状況により、臨時に休館、開館・閉館時間の変更を行う場合があります。
トップページのトピックスに情報を掲載しますので、ご覧ください。