美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

熊谷守一 KUMAGAI Morikazu1880-1977

斑猫

斑猫
1962(昭和37)
板、油彩
31.5×40.8cm

形体を簡略化し、明快な輪郭線と色面による独自の様式を生み出した熊谷守一。画風を確立し多作となったのは戦後、70歳を過ぎてからです。

「私は生きていることが好きだから他の生きものもみんな好きです」という言葉のとおり、熊谷守一は鳥や猫、昆虫や植物など身近な自然に子供のような純粋なまなざしを向けました。「熊谷様式」とよばれる描く対象を輪郭線で区切る手法を意図的に行うようになったのは1939(昭和14)年頃からであり、それより前から始めていた日本画の制作が大きな影響を与えているようです。

この作品では、今にも動き出しそうな猫の様子が簡潔なフォルムに凝縮されています。自由で気ままな猫の生き方が自分の性分にあっていたのでしょう。熊谷は繰り返し猫を描いており、主要な題材の一つともなりました。

その他のコレクション -熊谷守一-

  • 上向の裸
  • 小菊
  • 青柿
  • 熊の皮
  • 群鶏
  • 水口
  • ざくろ
  • 千日草
  • 地蜘蛛
  • 向月
  • 為朝百合

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat