美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

佐伯祐三SAEKI Yuzo1898-1928

街角の広告

街角の広告
1927(昭和 2)
画布、油彩
72.1×60.0cm

東京美術学校を卒業した佐伯祐三は、1924(大正13)年に妻子とともにパリへと足を踏み入れます。一度の帰国を挟み1928(昭和3)年にパリで客死するまでのほんのわずかな期間に、モンパルナス周辺の裏通りの情景を憑かれたように描きました。この界隈を日々歩き回るなかで佐伯の眼が捉えたのは、新聞やポスター、カフェや広告塔など、都市生活の日常で眼に留まるさりげない事物にあふれたパリの姿でした。

どんよりとした曇り空になじむ褐色の古い壁に、広告ポスターが無造作に貼られた街角。目の覚める色鮮やかなポスターは、通りすがりの人々の一瞥を受けながら、壁に溶け込むように朽ちていったことでしょう。ポスターにリズミカルに乱舞する鋭い文字が、都市特有の刹那的な空気からこぼれでる詩情を掬い取っているようです。

その他のコレクション -佐伯祐三-

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat