美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

梅原龍三郎UMEHARA Ryuzaburo1888-1986

浅間山

浅間山
1950(昭和25)
紙、油彩・デトランプ
74.5×60.4cm

梅原龍三郎は、1908(明治41)年に渡仏し、ルノワールに師事。5年間におよぶ滞欧生活を経て帰国後は、華麗な色彩と豪放な筆使いによる絢爛豪華な画風で、洋画壇をリードしました。

略筆で描かれた青空の秋景色に、燃えるような火の山が噴煙をあげています。秋の浅間山の雄大さに惹かれた梅原は、軽井沢のアトリエから大自然を画面に収めるべく絵筆を走らせました。

火山の持つエネルギッシュな魅力や雄大な山の力強さは、奔放で豪快な画風の梅原にとって格好の題材でした。ほかにも、ナポリのヴェスヴィオ火山や桜島、富士などを題材に数々の作品を生み出しています。戦後まもなく取組んだのが浅間山でした。

その他のコレクション -梅原龍三郎-

  • 天壇
  • 玉鈴と三鈴(姑娘姉妹)
  • 富士三津浜

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat