美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

藤島武二FUJISHIMA Takeji1867-1943

西洋婦人像

西洋婦人像
1906~7(明治39~40)
画布、油彩
38.2×36.1cm

藤島武二が文部省の命によりフランス・イタリアへ留学したのは、38歳の時です。すでに東京美術学校西洋画科助教授の地位にあり、《天平の面影》(石橋美術館)や《蝶》(個人蔵)など明治浪漫主義の頂点を示す傑作を生み出していました。

パリでは歴史画・肖像画を得意とするフェルナン・コルモンに、ローマでは肖像画を得意とするカロリュス・デュランに師事し、あらためて絵画の基礎を学び取りました。年齢的には遅い留学でしたが、フォーヴィスムやキュビスムなどの新しい芸術運動が発生した20世紀初頭のパリに身を置いたことは、画家本人のみならず日本洋画の発展に大きな意義を持つことになります。

パリで制作されたこの作品には、柔らかな光の中での婦人の表情に、コルモンのもとで学んだ人物表現の成果が表われています。

その他のコレクション -藤島武二-

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat