美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

岸田劉生KISHIDA Ryusei1891-1929

林檎を持てる麗子

林檎を持てる麗子
1919(大正 8)
紙、水彩
38.2×28.3cm

いかにも童女らしい、ふっくらとした顔立ちの少女。彼女の頬の赤み、つややかな髪の輝き、色とりどりの毛糸で編まれた肩掛けの質感などが、水彩の柔らかな質感で見事に描き出されています。

モデルとなったのは、岸田劉生の娘、麗子です。少しふくれっつらにも見える表情が、幼女のあどけなさをよく伝えています。満5歳に満たない女の子には、ポーズをとってモデルになるのは退屈だったのでしょうか。あるいは父のいつもとは異なる鋭いまなざしに、緊張の面持ちだったのかもしれません。

自画像をはじめ身近な人の肖像を多く描いた劉生の画業のなかでも、麗子はもっとも重要な主題でした。劉生が没した麗子16歳の年までに、油彩画、水彩画、素描、日本画など多種にわたる「麗子像」が制作されています。

その他のコレクション -岸田劉生-

  • 秋餐賞色

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat