美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

国吉康雄KUNIYOSHI Yasuo1889-1953

道化(舞踏会へ)

道化(舞踏会へ)
1950(昭和25)
画布、油彩
122.3×86.1cm

岡山に生まれ、17歳で単身渡米し、生涯アメリカで活動した国吉康雄。憂愁を漂わせた女性像で高い評価を得ていましたが、第二次世界大戦により複雑な立場へ追いやられます。日本人でありながらアメリカを代表する画家の立場を貫き通した国吉が、この戦争で受けた苦悩は画家の作品に暗い影を落としました。

戦後、国吉の画風は大きな変化をみせます。鮮やかな原色を用い、サーカスをモティーフとしたものが多くなりました。見世物小屋でしょうか。舞踏会「BALL」の文字を背に立つ道化の手には小さなピエロが吊り下げられ、無表情な仮面とともに不安感を誘います。アメリカで生きる孤独な画家自身と、仮面をつけた道化の姿とが重ねられ、華やかな虚飾に隠された現代社会の残忍さが描きだされた作品です。

その他のコレクション -国吉康雄-

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat