美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

中村彝NAKAMURA Tsune1887-1924

婦人像

婦人像
1913頃(大正 2頃)
画布、油彩
80.4×116.7cm

この作品のモデルは新宿中村屋相馬夫妻の長女、俊子です。芸術家の支援をしていた夫妻の援助のもと、敷地内のアトリエに住むようになった中村彝は、1913(大正2)年から翌年にかけて俊子の肖像を集中して描きました。

モデルとしてだけではなく、彝と互いに想いあうようになった俊子ですが、当時はまだ女学生。胸をあらわにしながらも画家を見つめるまっすぐな視線には、彝の芸術への信頼と愛情があふれているようです。

少女の瑞々しい美しさを生命感豊かに描き出す表現には、画家が傾倒した印象派の巨匠ルノワールの影響がみられます。

その他のコレクション -中村彝-

セレクト10 -日本洋画-

  • 藤島武二 西洋婦人画
  • 熊谷守一 斑猫
  • 中村彝 婦人像
  • 小出楢重 立てる裸婦
  • 安井曽太郎 卓上静物
  • 梅原龍三郎 浅間山
  • 国吉康雄 道化(舞踏会へ)
  • 岸田劉生 林檎を持てる麗子
  • 佐伯祐三 街角の広告
  • 岡鹿之助 森の館

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat