美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

イベント/講座Event/Lecture

イベントトップ画像

展覧会にちなんだ講演会やコンサート、ワークショップなどさまざまなイベントを、美術ファンはもちろん、どなたも気軽にアートに親しんでいただく機会として開催しております。

*詳細は展覧会ごとの関連プログラムをご覧ください。
*イベントのご案内をご希望の方はメールマガジンにご登録ください。

メールマガジンに登録する

講座 2017

名古屋造形大学公開講座2017

年間テーマ「アートと主題」

アートの「主題」自体や、そこに至る背景などについて考えをめぐらせることで、作品鑑賞の楽しみを増やしませんか。各講座とも、同時期にメナード美術館で開催する展覧会に関連した内容です。
※アートの「主題」とは作品において、アーティストの主張の核をなす思想のことです。

会場:メナード美術館 アネックス・ホール
※本講座は名古屋造形大学とメナード美術館の共催プログラムです。

6月24日(土)
14:00-15:20

第1回 美術における「花の魅力、花の魔力。」

高北(たかきた)幸矢(ゆきや)(清須市はるひ美術館館長/名古屋造形大学名誉教授)

人は古来より、美しい花の魅力に惹かれてきました。まして美に取り憑かれた美術家たちの多くは、その花の魅力、花の魔力をモチーフにしてきました。印象派といえば、ゴッホのひまわり、モネの睡蓮。アールヌーボーでは、ガレのシクラメン、ミュシャの百合。琳派では、光琳の梅、抱一の夏秋草、其一の朝顔など。一作家一花選び、その想いに迫ります。

7月29日(土)
14:00-15:20

第2回 日本画の模写と保存修復

野村(のむら)千春(ちはる)(日本画家/名古屋造形大学非常勤講師)

日本画は、千数百年以来続いている絵画様式が基本となっており、その画材や技法が今日まで連綿と受け継がれています。金屏風に描かれた日本画の模写により、古典的な素材や技法を学び、現代に生きる私たちが描く日本画のルーツを探ります。そして、古くから伝わる日本画を後世に伝える為に必要不可欠な、保存修復についてもお話します。

10月21日(土)
14:00-15:20

第3回 メナード美術館に住む「美女」に出会う!-西洋絵画を中心に

江本(えもと)菜穂子(なほこ)(名古屋造形大学・大学院特任教授/美術史家)

画家たちが求めてきた美女たち、それは時代を超えて、絵画の世界から私たちの前に魅力的な姿で現れてきます。美術館の中には彼女たちの姿が永遠に息づいているのです。特に、今回初公開コレクションのロセッティの描いた美女、彼女の瞳の奥をその時代と文化を中心に紐解きながら眺めてみましょう。

2018年
1月20日(土)
14:00-15:20

第4回 誰でもピカソ!

平林(ひらばやし)(かおる)(名古屋造形大学美術・洋画教授)

抽象表現というと一般的には難解で敬遠しがちの方もあると思います。その中でも「キュビズム」に着目し、ピカソなどの名画をわかりやすく解析、写真を使ってコラージュ(貼り絵)制作を行います。誰でもピカソの持つ難解な空間を作ってしまうという試みを通し、抽象表現を身近なものに感じてもらおうというワークショップを行います。

名古屋造形大学公開講座2017の申込方法

官製往復葉書またはE-mailまたはFAXに、以下の①〜④をご記入の上、下記宛にお申し込みください。

①講座名・講師名 ②住所・氏名(ふりがな)・年齢 ③電話番号 ④FAX番号(ありましたら)
※申し込みが定員になり次第、受付終了させていただきます。

申込先:名古屋造形大学 社会交流センター公開講座係
住所 〒485-8563 愛知県小牧市大草年上坂6004 E-mail zokokai@nzu.ac.jp FAX 0568-79-1070

往復葉書でのお申し込み時のご注意
  • 1講座1枚でお願いします。(申し込み人数は制限なし)
  • 返信部分表面に申し込み者の郵便番号、住所、氏名を必ずご記入ください。
  • 各講座日の4日前必着でお願いします。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat