美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

展覧会Exhibition

美術作品をさまざまな視点から鑑賞し、アートを身近なものとして楽しんでもらえるよう、さまざまなテーマで企画展を開催しています。
また展覧会により、ご要望の多い所蔵の西洋絵画を選び、1室展示しています。

開催中の展覧会 割引券 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

展覧会タイトル

幻想的な世界を描いたシャガール。線と色の調和を目指し、鮮やかな色彩表現を生み出したマティス。宗教や社会の底辺に生きる人々を主題に重厚な作品をつくり出したルオー。20世紀を代表する3人の画家たちが油彩画とともに情熱を注いだのが版画制作です。本展では、三者三様の多彩な世界が広がる版画集10作品より196枚の図版を、前期・後期に分けてご覧いただきます。

前期 4/11(木)-5/19(日) 後期 5/23(木)-6/30(日)

マルク・シャガール 1887-1985

おもな展示作品 シャガール

ロシア出身のシャガールはユダヤ人として歴史に翻弄されながらも、妻ベラとの出会いや故郷の思い出などをテーマに愛と幻想に満ちた作品を描きました。
最初に版画を手がけたのは35歳のことです。銅版画にはじまり、さらには最愛の妻ベラの死を乗り越えて初のカラーリトグラフ集である《『アラビアン・ナイト』からの4つの物語》を完成させています。
約2000点もの版画を制作したといわれるシャガールは、亡くなる直前まで版画表現の可能性を追い続けました。

おもな展示作品 シャガール

アンリ・マティス 1869-1954

おもな展示作品 マティス

パリの国立美術学校でルオーとともに学んだマティスは、激しい色使いが特徴であるフォーヴィスムの中心的な存在でした。その後も一貫して色彩を追求しカラリストとしての本領を発揮しています。
マティスは30歳で版画を始めていますが、まとまった制作となったのはフランスの詩人、マラルメ『詩集』(1932刊)の挿絵でした。晩年にはマティスの主要な表現方法となった切り紙絵をもとに版画集《ジャズ》が刊行されました。
切り紙絵の持つリズム感と鮮やかな色彩のイメージがそのまま生かされた版画です。

おもな展示作品 マティス

ジョルジュ・ルオー 1871-1958

おもな展示作品 ルオー

出身地のパリでステンドグラス職人として修業を積み、その後国立美術学校に学んだルオー。道化師や聖書などをテーマに深い聖性を感じさせる作品を残しました。
黒く重厚な線や内側から発光するような色を持つ彼の作品には、ステンドグラスの輝きに似た魅力があります。それは40代で本格的な構想が始まった版画集《ミセレーレ》にもみられ、モノクロームの世界に印象的な光を出現させています。ルオーは油彩画のみならず、版画を重要な表現手段として、その制作に力を注ぎました。

おもな展示作品 ルオー

主な展示作品

マルク・シャガール

 

でみられる作品

《ダフニスとクロエ》

1957~60/1961刊
全42枚展示

エーゲ海の豊かな自然を舞台にした、少年ダフニスと少女クロエの初恋物語。

〈扉〉
〈扉〉

でみられる作品

《『アラビアン・ナイト』からの4つの物語》

1946/1948刊
全12枚展示

シャガール初のカラー・リトグラフ集。魔法と冒険の不思議な物語が展開。

〈海から生まれたユルナールとその息子のペルシア王バドル・バシム〉
〈海から生まれたユルナールと 
その息子のペルシア王バドル・バシム〉

《サーカス》

1967刊
全38枚のうち前期で15枚展示

華やかさとスリル、そしてシャガールらしい幻想的なサーカスのステージ。

《サーカス》

1967刊
全38枚のうち後期で15枚展示

《神々の大地で》

1967刊
全10枚展示

ギリシア文学より。古代神々の世界をおおらかな作風でうたう。

《神々の大地で》より
《神々の大地で》より
 

© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018, Chagall®  C2567

このページの先頭へ

アンリ・マティス

 

でみられる作品

《ジャズ》

1947刊
全20枚のうち前期で10枚展示

切り紙絵をもとにしたリズム感あふれる形と色の世界。

でみられる作品

《ジャズ》

1947刊
全20枚のうち後期で10枚展示

〈馬、女曲馬師と道化師〉
〈馬、女曲馬師と道化師〉
〈白象の悪夢〉
〈白象の悪夢〉
〈運命〉
〈運命〉
〈水槽を泳ぐ女〉
〈水槽を泳ぐ女〉
 

このページの先頭へ

ジョルジュ・ルオー

 

でみられる作品

《サーカス(シュアレス版)》

1930
全8枚展示

生涯にわたりルオーが追求したサーカスの華やかな幻影と悲哀。

〈老いたる道化師〉
〈老いたる道化師〉

でみられる作品

《ミセレーレ》

1922-27/1948刊
全58枚展示

「憐れみたまえ」を意味する「ミセレーレ」と「戦争」の二部構成からなる版画集。

〈神よ、我を哀れみたまえ、御身の大いなる慈悲によりて〉
〈神よ、我を哀れみたまえ、
御身の大いなる慈悲によりて〉

《流れ星のサーカス》

1930-36/1938刊 装丁本

サーカスに生きる人々の姿がルオーの詩とともに表される。

《流れ星のサーカス》

1930-36/1938刊 装丁本

《パッション(受難)》

1930-36/1939刊 装丁本

キリストの「受難」にとどまらず、人間の生そのものの受難を表現。

《パッション(受難)》

1930-36/1939刊 装丁本

《悪の華 1936-38》

1936-38
全12枚展示

フランス近代詩の父、シャルル・ボードレール『悪の華』が題材の作品。

〈塔のある風景〉
〈塔のある風景〉
 

© ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018  C2567

西洋絵画名作選

当館のコレクションのなかから西洋絵画の名作を選びご紹介するこのコーナーでは、シャガール、マティス、ルオーの油彩画とともに、3人をめぐる画家たちの作品を中心にご覧いただきます。
フォーヴィスムの画家たちに影響を与えたゴッホやクロス、キュビスムの創始者であるピカソやブラックなど約15点をお楽しみください。

※ 展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

臨時休館について
台風や大雪など天候の状況により、臨時に休館、開館・閉館時間の変更を行う場合があります。
トップページのトピックスに情報を掲載しますので、ご覧ください。