美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

〜2013年

2013年

開館25周年記念
郷土文芸誌『駒来』にて連載のご紹介

小牧市文芸協会が毎月発行している郷土文芸誌『駒来こまき 』で、メナード美術館の開館25周年記念特集として全12回連載されました。
コレクションを代表する作家を取り上げながら、それにまつわるエピソードを織り交ぜて紹介しています。


▼ PDFリンク 別ページ

(10月10日更新)

チャリティー企画 4/14(日)まで実施中!!

2年前の3月11日に東日本大震災を経験したわたしたちは、 被災された方々を思いながら、「今、自分にできること」に向き合う大切さを知りました。
この日を忘れない日として心にとめる機会とし、継続した支援を必要としている団体へのサポートを行いたいと考えます。
是非みなさまにご協力をいただきたく、ご支援をよろしくお願いいたします。

チャリティー企画

2月11日(月・祝)~4月14日(日) 休館日:2/12(火)、18(月)~28(木)、3/4・11(月)


これまでにメナード美術館で開催した展覧会図録等をチャリティーとして生かしたいと思います。
受付前に次の2つの活動それぞれへの募金箱を設置しておりますので、趣旨にご賛同いただける方には、チャリティー・コーナーのお好きな展覧会図録等1点につき100円以上のご支援のご協力をお願いします。


3.8 国際女性デー IWD:International Women's Day
女性の平等な社会参加を求める運動が起源となった国際女性デー。
開発途上国の子どもたちに教育支援を行うNPO法人「ルーム・トゥ・リード・ジャパン」の女子教育支援プログラムに寄付します。


3.11 東日本大震災復興支援事業
全国美術館会議に事務局をおく「東日本大震災復興対策委員会」にて採択された17の美術活動支援事業に役立てていただくよう、全国美術館会議に寄付します。


おことわり
ミュージアムショップで販売の商品は除きます。
チャリティー用の図録には限りがございます。
なくなり次第終了とさせていただきますので、ご了承ください。

(3月19日更新)

国際女性デー記念 「写真展&ビデオ上映会」 開催

国際女性デー記念 「写真展&ビデオ上映会」

国際女性デー(3月8日)を記念し、女性をテーマとした写真展およびビデオ上映会が開催されます。写真展「Planéte femme 世界の女性たち」は、アリアンス・フランセ―ズ財団とクーリエ・インターナショナル誌が行った写真コンクールに参加した世界80ヵ国以上のアマチュア写真家たちの作品の中からファッションとアートの専門家たちからなる審査委員会に選ばれた最良の作品をご紹介するものです。(展示:約40点)
また、女性をテーマとした最近のフランス映画が毎日2本上映されます。
イベントチラシ

3月5日(火)~17日(日) 休館日:3/11(月)


  • [写真展]10時~19時 (土日は18時まで)
  • [上映会]13時~13時23分 『C'est gratuit pour les filles (女の子は無料)』
  •  15時~16時40分 『Tout ce qui brille (きらきらしている)』

※ 上映会開催中は、写真展をご覧いただくことができません。



会場:愛知芸術文化センターアートプラザ ビデオルーム 入場無料
主催:愛知芸術文化センター、アリアンス・フランセ―ズ愛知フランス協会
協賛:メナード美術館、日本メナード化粧品株式会社


― メナードでは次のサポートを行います ―

「写真展&ビデオ上映会」 来場者アンケートの実施
みなさまから寄せられたご意見など、当館ホームページにてご紹介いたします。


3/8 (金) 国際女性デー 限定!特別プレゼント

3/8に「写真展&ビデオ上映会」へ来場され、アンケートに回答いただいた方に、 メナードIWDリップキャンペーンの『つき華 リクイドリップ』試供品(メナード化粧品提供)を一つプレゼント!(お一人様1回限りです。プレゼントは数に限りがあります。)

(2月23日更新)

開館25周年記念
マイノート で メナコレ投票 受付中!

マイノート

お客様アンケートの進化系、「マイノート」が登場しました!
同じ作品をみても、その時々によって味わいや感じ方が変わるのが美術鑑賞の面白みのひとつです。
ぜひ、今日みた作品の感想を書き留めて、あなたの思い出にお持ち帰りください。 2枚の複写式になっていますので、1枚は当館へお寄せください。

マイノートの項目のひとつ「メナコレ投票」では、メナード美術館のコレクションから選ぶあなたの1票を受付中!
集計の途中経過など、メナード美術館公式Facebook Pageにて公開いたします。

(1月26日更新)

2012年

開館25周年を迎えました

こころのオアシス

ロゴマークは、砂漠に潤いをもたらすオアシスを連想させる形をモチーフにしています。
黄色は、開放感、優しさ、生命力、希望のイメージを表わしています。

メナード美術館では、展示内容・点数ともに、落ち着いた空間でじっくりと鑑賞していただくことを心がけています。
日常を離れたひととき、肩の力を抜き、頭の中を空っぽにして自然な気持ちで作品と対話をしてみてください。こころに眠っている無数の美が呼び覚まされ、いつもと違うあなたに出会えることでしょう。
作家が生涯をかけてエネルギーを注いだ素晴らしい芸術作品から、美術の奥深さとともに、希望や勇気などパワーを吸収していただければ幸いです。

このロゴマークとともに、
当館がより多くの方の 「 こ こ ろ の オ ア シ ス 」 となれることを願っています。

(10月28日更新)

開館25周年記念 ★プレゼント企画★
メナードポイント 〈メナポ〉 開催中!

2012年「田渕俊夫展」より、当館で開催する
9つの展覧会にて、入館券(来館日付入り)9枚を集められた方にプレゼントいたします!
同一展覧会の入館券は2枚まで有効になります(家族・グループ含む)。


  • ▼ 各当する9つの展覧会
  • 2012年開催 田渕俊夫展 / サーカス・サーカス展 / 舟越桂展
  • 2013年開催 メナード美術館 コレクション名作展Ⅰ~Ⅴの5つの展覧会
  • 2014年に開催する 1つ目の展覧会

  • ▼ プレゼント内容
  • 有料の入館券] 9枚
  • • 年間パスポート(更新分含む)
  • • コレクション500図録
  • • オリジナルグッズセット    のいずれか1つ

  • 無料の入館券(+有料の入館券)] 9枚
  •  無料の入館券…ご招待券・障害者手帳のご提示・団体ご引率の場合
  • • オリジナルポストカードセット

★ プレゼントのお渡し期間(予定)  2014年2月11日~2014年6月末日


(5月12日更新)

2011年

感謝状をいただきました

こころのオアシス

7月14日に全国美術館会議 青柳正規会長を通じて、東日本大震災に対する義援金合計2,412,320円を寄付いたしました。
このたび、東日本大震災に協力した美術館の方々に感謝状の贈呈式がありました。
全国で寄付金・募金総額は、16,626,190円となり、今なお美術作品及び展示施設の修復・修理、展覧会及び教育普及活動への経費として支出されております。

(12月10日更新)

東日本大震災に対するチャリティー金額ならびに支援先ご報告

このたびの東日本大震災におきまして、被害にあわれました皆様に心よりお見舞い申し上げます。犠牲になられました方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみ申し上げます。
メナード美術館では、3月5日~4月17日開催の所蔵企画 「シャガール版画展」を東日本大震災地域で被災された美術館等の復興を支援するため、入館料を全額寄付するチャリティー展といたしました。
併せて、3月12日より設置しました募金箱は、特別企画展「吉田善彦・林功-受け継がれる日本画の美」終了の6月19日まで継続し、皆様からのご支援を賜りました。
チャリティー開催期間中は、受付やアンケートではチャリティー展を応援するお言葉を頂戴しました。あたたかい皆様のお気持ちに感謝いたします。

入館料とお預かりしました義援金のお届け先が決まりましたのでご報告いたします。
当初、被災された全国美術館会議加盟の公立美術館を検討しておりましたところ、文化庁の協力要請を受け、全国美術館会議に東日本大震災被災地域への救援・支援活動対策本部が設置されました。
現在、ここを窓口として被害状況の把握、各地域の事情に応じた救援・支援活動が計画されるとともに、震災により派生した諸問題に長期的に取り組むための活動が進められております。
そのため、このたびのチャリティー全額を同会議へ寄付することとし、7月14日に同会議の会長である青柳正規氏 (国立西洋美術館館長) にお届けいたしました。


● チャリティー金額

  • シャガール版画展入館料2,238,100円
  • 募金箱174,220円
  • 2,412,320円

贈呈

● 青柳会長コメント

『大震災のため東北地方の美術館の活動費がほとんどなく、美術館活動に大きな支障をきたしている。この義援金は是非美術館活動費として活用したい』と感謝の意を表されました。


右より、青柳会長 当館館長


なお、現在は、同会議が主催いたします被災地域にて行う文化財保護活動及び被災美術館等への支援活動を支援する募金呼びかけのチラシと郵便振替申込書の設置協力に支援を切り替え、来館者への継続的支援に取り組んでおります。

(7月15日更新)

チャリティー展 終了のお知らせ

メナード美術館では、3月5日(土)~4月17日(日)開催の所蔵企画 「シャガール版画展」を東日本大震災地域で被災された美術館等の復興を支援するため、入館料を全額寄付するチャリティー展といたしました。会期中、受付やアンケートではチャリティー展を応援するお言葉を頂戴しました。あたたかい皆様のお気持ちに感謝いたします。

入館料とお預かりしました義援金は、責任を持ちまして全国美術館会議加盟館にお届けいたしたいと存じます。ただし、被災地の現状が把握できないため、寄付先につきましては検討中です。具体的な状況がわかり次第ご報告させていただきます。

なお、募金箱は4月26日~6月19日に開催の特別企画展「吉田善彦・林功-受け継がれる日本画の美」期間中も引き続き設置いたしますので、皆様のご支援・ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

(4月19日更新)

東日本大震災に対するチャリティー展開催について

このたびの東日本大震災におきまして被害にあわれました皆様に心よりお見舞い申し上げます。犠牲になられました方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみ申し上げます。
メナード美術館では1995年の阪神淡路大震災に際し、被災された地域の美術館の復興を支援するためのチャリティー展を開催いたしましたが、今回も支援を行いたいと存じます。
シャガールは、ロシア革命や、二度の大戦を経験し、アメリカ亡命をも強いられた中で制作を続けました。そうした困難な状況下で描かれた作品には「愛」をテーマとしたものが非常に多く、今回出品の作品(集)もいずれも「愛」をテーマとしたものです。
こうしたシャガールからの愛のメッセージを、当館としましてもしっかりと受け取り、開催中の「シャガール版画展」を、東北・関東で起きました大地震からの復興および再興支援のためのチャリティー展と位置づけることとしました。来館された方が、シャガールの伝えた愛のメッセージを感じとり、それぞれ「愛」についてお考えいただき、被災地の一日でも早い復興につながればと思っております。

当館で3月12日より設置しております募金箱に寄せられました義援金と展覧会入館料収入のすべてを寄付いたします。
一人でも多くの方にご協力をお願いしたく、チャリティー展開催のご紹介にご協力いただけますようお願い申し上げます。

寄付先につきましては、全国美術館会議加盟の公立館およびこれまで当館の活動にご支援をいただきました美術館を検討しておりますが、現在、被害の詳しい状況がつかめないため、支援館が決定次第、ホームページ等でご報告させていただきます。同じ芸術文化を愛し支援する仲間として、被災された地域の方々の心の慰めとなるようお役に立ちたいと願っております。

(3月18日更新)

2008年

「20周年記念展 スタンプラリー」の達成者発表!

1856名の方が達成されました。

多くの方がメナードコレクションをご覧くださったことを、大変嬉しく思っております。
ありがとうございました。

2007年

1月2日(火)より「スタンプラリー2007」開催

1月2日(火)~9月24日(月)の期間、1回の入館につきスタンプを1つ押していただきます。
スタンプを3つ集めて、舟越桂の彫刻作品《長い休止符》を完成させた方に「開館20周年記念Ⅰ~Ⅲ」の展覧会(2007年10月4日~2008年5月6日開催)へ「ペア」または「お一人様2回」のどちらかにてご招待いたします。

「スタンプラリー2007」の達成者発表!

1443名の方が達成されました。

多くの方がメナードコレクションをご覧くださったことを、大変嬉しく思っております。
ありがとうございました。

10月4日(木)より「20周年記念展 スタンプラリー」開催

10月4日(木)~2008年5月6日(火)の期間、20周年記念Ⅰ(西洋絵画)・Ⅱ(日本画)・Ⅲ(日本洋画)の展覧会全てに来館し、スタンプ3つを集められた方にメナード美術館オリジナルのミュージアムグッズをプレゼントいたします。

2006年

1月2日(月)より「スタンプラリー2006」開催

1月2日(月)~9月3日(日)の期間、1回の入館につきスタンプを1つ押します。
スタンプを3つ集めて1つの作品を完成させた方に「メナード美術館コレクション名作展’06」(9/13-12/24)へペアでご招待いたします。

※当初は「ペア」でのご招待とさせていただいていましたが「コレクション名作展’06」を2期に分けて観ていただくことになりましたので「ペア」でも「1名様2回」でもご覧いただけるようにいたしました。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

臨時休館について
台風や大雪など天候の状況により、臨時に休館、開館・閉館時間の変更を行う場合があります。
トップページのトピックスに情報を掲載しますので、ご覧ください。