美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

パブロ・ピカソPablo PICASSO1881-1973

静物=ローソク・パレットと牡牛の頭

静物=ローソク・パレットと牡牛の頭
© 2015 - Succession Pablo Picasso - SPDA(JAPAN)
1938
画布、油彩
97.0×130.0cm

闘牛の国スペインに生まれ育ったピカソにとって、牛は特別な存在でした。とりわけ立派な角を持った牡牛の姿は、闘牛やミノタウロス(ギリシャ神話に登場する牛頭人身の怪物)となり、さまざまな象徴性を帯びて作品に登場します。

1937年、ピカソは故国の内乱に触発され大作《ゲルニカ》(国立ソフィア王妃芸術センター/マドリード)を制作しました。本作品は、その後の第二次大戦前夜における不穏な社会情勢のなか、《ゲルニカ》と同様に牡牛の頭部を主題に描かれた静物画のひとつです。ピカソは、牡牛や静物のモティーフに、不安や死のイメージ、また画家としての誇りと希望といった思いを込めて描きました。牡牛の顔は、さまざまな角度からみたパーツの組み合わせから成り立っており、20世紀初頭、画家がブラックとともに追求したキュビスム的手法がみられます。

その他のコレクション -パブロ・ピカソ-

  • コップと酒壺
  • 絵と横顔

セレクト10 -西洋絵画-

  • エドゥワール・マネ 黒い帽子のマルタン夫人
  • ポール・セザンヌ 麦藁帽子をかぶった子供
  • クロード・モネ チャリング・クロス橋
  • フィンセント・ファン・ゴッホ 一日の終り(ミレーによる)
  • ジョルジュ・スーラ アンサンブル(サーカスの客寄せ)
  • ジェームズ・アンソール 仮面の中の自画像
  • アンリ・マティス ヴェールをかぶった女
  • パブロ・ピカソ 静物=ローソク・パレットと牡牛の頭
  • ジョルジュ・ブラック 青いテーブルクロス
  • マルク・シャガール すみれ色の花

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat