美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

フィンセント・ファン・ゴッホVincent van GOGH1853~1890

一日の終り(ミレーによる)

一日の終り(ミレーによる)
1889~90
画布,油彩
72.0 ×94.0 cm

ゴッホは、アルルでのゴーギャンとの共同生活の末、有名な「耳切り事件」を起こして入院し、その後もサン=レミの精神病院に移り療養生活を送ります。その間にも何度か発作に襲われますが、彼のエネルギッシュな創作意欲は失われることはありませんでした。この時期、集中的に取り組んだのが敬愛するミレー作品の模写です。

本作品は、ミレーの複製木版画『一日の四つの時』(ラヴィエイユによる)のうちの《一日の終り》を模写したものです。作業を終えた農夫が帰り支度をする夕暮れ時の情景が粗い描画風の筆触で描かれ、空を彩る黄色と菫色が瑞々しく感じられます。ゴッホは、ミレーの版画に主題や構図を借りながらも独自の色彩表現を追求し、単なる模写を超えた別作品を完成させました。それから約半年後、彼は37歳の若さでピストル自殺を遂げました。

その他のコレクション -フィンセント・ファン・ゴッホ-

セレクト10 -西洋絵画-

  • エドゥワール・マネ 黒い帽子のマルタン夫人
  • ポール・セザンヌ 麦藁帽子をかぶった子供
  • クロード・モネ チャリング・クロス橋
  • フィンセント・ファン・ゴッホ 一日の終り(ミレーによる)
  • ジョルジュ・スーラ アンサンブル(サーカスの客寄せ)
  • ジェームズ・アンソール 仮面の中の自画像
  • アンリ・マティス ヴェールをかぶった女
  • パブロ・ピカソ 静物=ローソク・パレットと牡牛の頭
  • ジョルジュ・ブラック 青いテーブルクロス
  • マルク・シャガール すみれ色の花

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat