美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

黒田辰秋KURODA Tatsuaki1904-1982

螺鈿黒漆大名縞手筥

螺鈿黒漆大名縞手筥
1979(昭和54)
漆工
30.7×15.6×21.0cm

黒田辰秋は、木工芸の分野で初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けた作家です。その作域は多岐にわたっており、螺鈿による漆芸には、貝の複雑な色味を組み合わせた繊細なものから、華やかな図案による大胆なものまでさまざまな作品があります。

この作品は、漆地に螺鈿で縞織物の大名縞、すなわち、細い縦縞(経縞、竪縞とも書く)を表現しています。 黒地の端正な箱に、日本 あわびの白味を帯びた螺鈿装飾の涼やかな光が放射状に鋭く映える大胆な構成のデザインとなっています。熟達した技術も冴えわたる、辰秋75歳の正に円熟期の作です。

その他のコレクション -黒田辰秋-

  • 拭漆栃手筥

セレクト3 -工芸-

  • (日本) 織部亀甲文州浜形手鉢
  • 板谷波山 彩磁草花文水差
  • 黒田辰秋 螺鈿黒漆大名縞手筥

セレクト3 -書-

  • 伝・藤原行成 亀山切
  • 伝・藤原佐理 筋切通切
  • 本阿弥光悦 蓮下絵和歌巻断簡

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat