美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

伝・藤原行成Attributed to FUJIWARA no Yukinari

亀山切

亀山切[平安時代]
11世紀後半(平安時代)
紙本墨書
21.7×15.2cm

『古今和歌集』を書写したこの書跡は、丹波国亀山(現在の京都府亀岡市)の藩主・松平家に伝来したため「亀山切」と付けられました。藤原行成(972-1028)筆として伝えられてきましたが、現在は、より時代の下がった11世紀後半のものと考えられています。

ここでは、『古今和歌集 巻一 春歌上』のなかに収められた凡河内躬恒と伊勢(藤原継蔭の娘)の歌が書かれています。春に北の国に移っていく雁に託した思いを歌っています。流れるように優美な筆跡は、優雅で気品に満ちています。

セレクト3 -工芸-

  • (日本) 織部亀甲文州浜形手鉢
  • 板谷波山 彩磁草花文水差
  • 黒田辰秋 螺鈿黒漆大名縞手筥

セレクト3 -書-

  • 伝・藤原行成 亀山切
  • 伝・藤原佐理 筋切通切
  • 本阿弥光悦 蓮下絵和歌巻断簡

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat