美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

板谷波山ITAYA Hazan1872-1963

彩磁草花文水差

彩磁草花文水差
1917~25頃(大正6~14頃)
磁器
21.6×13.5cm

東京美術学校彫刻科に学んだのち、陶芸の道に入った板谷波山が東京に築窯したのは1906(明治39)年のことです。中国や日本古陶磁の再現などに取り組む一方、彫刻の技法を陶芸に取り入れて独創性を発揮しました。

彩磁は葆光ほうこう彩磁と並んで波山を代表する、彫刻技法を活かした手法です。写生から生み出された文様は、素地に薄く浮き彫りされ確かな存在感をもたらすと同時に、柔和な色調で白地に呼応し洗練された美しさを放っています。

常に厳しい態度で制作に臨んだ波山は、高度な技法によって、緊密で端正な作品を生み出しました。そしてその芸術性は、陶芸を職人の仕事から芸術の一分野へと高める役割を果たしたのです。

セレクト3 -工芸-

  • (日本) 織部亀甲文州浜形手鉢
  • 板谷波山 彩磁草花文水差
  • 黒田辰秋 螺鈿黒漆大名縞手筥

セレクト3 -書-

  • 伝・藤原行成 亀山切
  • 伝・藤原佐理 筋切通切
  • 本阿弥光悦 蓮下絵和歌巻断簡

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat