美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去の展覧会 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

所蔵企画展

ひかり-絵画にみる光の表現-

2012年1月2日(月)-4月1日(日)

私たちのまわりは多くの光に満ち溢れています。生命を育む太陽の光、夜をやわらかく包む月明かり、星の煌めき。電灯など現在の人工的な光には、夜でも昼間と同じように活動できるほどの明るさがあります。

美術の世界でも、多くの画家たちが光を題材に、さまざまな表現の作品を生み出しました。金銀などの装飾効果を用いることで作品自体から光を感じる絵画もあります。

この展覧会では、所蔵の西洋絵画、日本画、日本洋画、工芸より、光を描いた作品や、輝きを感じさせる作品約70点を展示します。初公開のピエール・ボナール《青いジレを着たブロンドの女》は、柔らかな光と色彩に満ちた作品です。フランスの巨匠ボナールは身近な日常を題材とした光あふれる室内風景を多く描きました。

東日本大震災の影響による節電対策で、光のある暮らしの大切さが痛切に感じられるようになり、自然に存在する光の明るさ、美しさの再発見が大きなテーマになっています。2012年の新しい年を迎える今、身のまわりにある「ひかり」についてあらためて考えるきっかけとして、絵画を通したさまざまな光の表現をお楽しみください。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat