美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去の展覧会 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

開館25周年記念

コレクション名作展Ⅲ 近代日本画と工芸-色にほれた、形にほれた-

2013年4月20日(土)-6月30日(日)

私たちにはそれぞれ好みの色や形があります。自分の生活空間を好きな色や形でそろえたい、という思いを抱く人も多いのではないでしょうか。それは、日本画家や工芸家も同じです。自然を偉大な師として、また、先人たちの優れた作品を糧として制作に励んだ彼らは、作風を確立する過程で好みの色彩や形体をみつけていきました。

コレクション名作展第3弾となる「近代日本画と工芸」では、メナード美術館コレクションの中核の一端をになう日本画、工芸品より65点をご紹介します。

日本画からは、富士の姿に惚れこみ終生描き続けた横山大観や、墨の濃淡で妖艶な女性を思わせる観音像を追求した村上華岳、工芸では、漆のつやと 螺鈿(らでん)の輝きという自然の持つ美しさで斬新な形の漆器を創作した黒田辰秋など、各作家のこだわりの色や形をお楽しみください。そして、あなたも思わず「ほれた!」と感じる色や形を、メナード美術館で探してみませんか。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat