美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

次回の展覧会 前売券 基本情報 イベント 見どころ

展覧会タイトル

メナード美術館の日本画コレクションは、明治・大正・昭和・平成と各時代で活躍する画家たちの作品を通して近現代の日本画の流れをみることができます。なかでも、田渕俊夫の作品群は当館を代表するコレクションです。田渕は「装飾性と精神性を兼ね備えた作品で日本画の確たる表現を築いた」として、令和元年11月に文化功労者として顕彰されました。
この展覧会では、現代日本画壇を代表する田渕の初期から現在にいたる作品約30点とその表現に焦点を当て、あわせて当館のコレクションを代表する日本画家たちの作品約50点をご覧いただきます。受け継がれる日本画の伝統、そこから生まれる多彩な美の世界をお楽しみください。

※本展は2020年の予定から展覧会会期を変更しました。前期と後期に分けて作品をご覧いただきます。
前期:4月18日(日)-5月30日(日)  後期:6月2日(水)-7月11日(日)

メナード美術館 初公開コレクション

《明ける》

《明ける》

制作年:2020年
形質:紙本墨画
サイズ:116.5×90.7cm

2017年、田渕俊夫は再建された薬師寺食堂の内部に巨大な壁画を制作・奉納しました。本尊となる《阿弥陀三尊浄土図》と、中国から日本に仏教が伝来する道のりを描いた14面の壁画《仏教伝来の道と薬師寺》であり、本作はそのうちの1面をもとにした水墨画です。大海原に映る輝きは、夜明けの希望に満ちた日の光でしょうか。壁画では、遣唐使船の一行が焦がれた日本の地が、朝日を受け海の向こうに浮かびあがる場面として描いています。
近年は寺社の襖絵制作を通して水墨画の新たな境地を切り開き、薬師寺では長年取り組んできた風景画の集大成ともいえる壁画を完成させた田渕。《明ける》はそうした制作の積み重ねが生み出した一点です。

展示構成

色を楽しむ

伝統的な顔料(絵具)が持つ美しい色は日本画の見どころの一つです。
田渕俊夫は制作にあたり、作品の土台となる下図をしっかりとつくり込み、あとは自らの「感動を色に託す」といいます。画家たちの感性がストレートに表れるものが色なのでしょう。日本画の顔料に注目しながら、画家たちの多様な色彩表現をみます。

主な出品作家:俵屋宗達 前田青邨 小野竹喬 福田平八郎 東山魁夷

田渕俊夫《刻》
田渕俊夫《刻》1989
小野竹喬《日本海》
小野竹喬《日本海》1976

墨の表現

描き方次第で多彩な色を感じさせる墨や、描き手の心情を反映しやすい墨の筆跡など、水墨画は多くの日本画家の心をとらえる表現です。
田渕俊夫には「墨一色でものの本質をとらえたい」との長年の思いがありました。60代に入り寺社などの襖絵制作を通して水墨画に挑戦し、自らの創意を加えた新たな墨の表現を確立しています。

主な出品作家:小川芋銭 横山大観 入江波光 村上華岳 平川敏夫

村上華岳《牡丹之図》
村上華岳《牡丹之図》1937
田渕俊夫《三華繚乱》
田渕俊夫《三華繚乱》2005

田渕俊夫と同時代の画家たち

田渕俊夫の師である平山郁夫をはじめ、髙山辰雄、加山又造といった画家たちは、戦後の批判にさらされた日本画に、新たな風をもたらそうと闘った世代です。「先人たちの努力の上に今日の日本画の礎が築かれた。その遺産を引き継ぎ、さらに日本画の可能性を開く」と語る田渕。ここでは田渕と同時代に活躍した画家たちの作品をご覧いただきます。

主な出品作家:片岡球子 吉田善彦 加山又造 平山郁夫 松村公嗣

田渕俊夫《早春》
田渕俊夫《早春》1977
松村公嗣《うす春 秋彩 ゆき牡丹》
松村公嗣《うす春 秋彩 ゆき牡丹》1984

田渕俊夫 略歴

田渕俊夫氏
  • 1941東京に生まれる
  • 1967東京藝術大学大学院修了
  • 1968再興第53回院展に初入選
  • 1970愛知県立芸術大学に赴任
  • 1985東京藝術大学大学院助教授となる('95教授)
  •  日本美術院同人となる
  • 1990美術館での初の個展(メナード美術館)を開催
  • 2002永平寺に襖絵を奉納
  • 2004鶴岡八幡宮に襖絵を奉納
  • 2005東京藝術大学副学長となる
  • 2008智積院に襖絵を奉納
  • 2017薬師寺に壁画を奉納
  • 2018恩賜賞・日本芸術院賞を受賞
  • 2019文化功労者に顕彰される
  •  大嘗祭の「大饗の儀」にて作画を担った《悠紀地方風俗歌屏風》
    披露される
  • 現在日本美術院代表理事・理事長 東京藝術大学名誉教授

※ 展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat

臨時休館について
台風や大雪など天候の状況により、また、お客様の安全や館の運営に支障があると判断される場合は、臨時に休館、開館・閉館時間の変更を行う場合があります。
トップページのトピックスに情報を掲載しますので、ご覧ください。