美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去の展覧会 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

展覧会タイトル

「みどり図鑑」展(2015年開催)につづく図鑑シリーズの第2弾です。
メナード美術館コレクションより動物が描かれている作品をご紹介いたします。
このうち、さまざまな動物をビビットな色使いで描き注目をあつめている画家、
今井龍満(1976-)の《Lion》 を所蔵より初公開いたします。
その大きさと色鮮やかさに圧倒されますが、ユーモラスで親しみやすく、少し愛嬌もあるライオンです。
緑と同じく、動物も私たちにとって身近な存在。
美術作品に表された動物たちを通じて、生き物の魅力を再発見しましょう!

作品に表された動物たち

右下の動物たちにマウスをあわせると
同じ動物が描かれた作品が
左側にそれぞれ現れます。

作品画像
  牛sample image © 2015 - Succession Pablo Picasso - SPDA(JAPAN) パブロ・ピカソ
《静物=ローソク・パレットと牡牛の頭》


制作年:1938
形質:画布、油彩 サイズ:97.0×130.0cm


スペイン生まれのピカソにとって牛は特別な存在。真っ黒い牛は、さまざまな角度から見たパーツを組み合わせて描くキュビスムの手法で表されている。
 
犬sample image アンリ・ルソー
《工場のある風景》


制作年:1896~1906頃
形質:画布、油彩 サイズ:38.1×45.8cm


のどかな田園風景に小さく描きこまれた犬や人。そのアンバランスな配置とサイズ感が、どこかコミカルで素朴なユーモアを感じさせます。
  馬sample image © ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2015 C0879 ジャック・ヴィヨン
《草刈機の馬》


制作年:1949
形質:画布、油彩 サイズ:38.0×55.0cm


麦畑を表す黄色をベースに、鮮やかな色面の組み合わせが印象的。よく見ると、後ろ向きの農夫と馬が色面の構成要素の一つになって画面に溶け込んでいる。
  犬sample image 小川芋銭
《樹間如水人如魚》


制作年:1923
形質:絹本墨彩 サイズ:61.8×84.6cm


画家の郷里、茨城県牛久(うしく)村。自然とともに生きる牛久の日常が、やわらかな墨の濃淡で表された。主人の周りを気ままに跳ねる犬が無邪気で、のんびりとした村の雰囲気が伝わってくる。
 
鶏sample image 入江波光
《烏骨鶏》


制作年:1933頃
形質:紙本墨彩 サイズ:57.9×73.6cm


鶏の珍種として愛でられてきた烏骨鶏。トサカや顔の朱の色が、白い絹糸のような美しい羽毛を際立たせている。寄りそう親子の姿に画家の温かいまなざしが注がれている。
  雀sample image 小茂田青樹
《竹雀図》


制作年:1929頃
形質:絹本墨彩 サイズ:42.7×70.5cm


しなる竹に戯れる雀たち。一見のどかな情景だが、その鋭い顔つきから野生にくらす雀とわかる。羽の先まで観察され、俊敏な動きまでもが捉えられている。
  猿sample image 竹内浩一
《猿図》


制作年:1978
形質:紙本彩色 サイズ:65.2×80.5cm


写生をもとに、毛並みの一本一本までが丁寧に表された作品。猿のありのままの姿は、動物を得意とする日本画家ならでは。
 
猫sample image 熊谷守一
《斑猫》


制作年:1962
形質:板、油彩 サイズ:31.5×40.8cm


何かを見つけ、今にも動き出しそうな猫が簡潔な色と形で表されている。自由で気ままな猫は熊谷を惹きつけ、多くの猫図が生まれた。
  馬sample image 海老原喜之助
《サーカス》


制作年:1927
形質:画布、油彩 サイズ:99.5×72.7cm


サーカスで活躍する2頭の馬。白と黒の大胆なコントラストによって、スピード感のある画面となった。
  獅sample image 今井龍満
《Lion》


制作年:2014
形質:画布、エナメル・アクリル サイズ:145.5×112.0cm


目が覚めるような色使いのライオン。こちらをまっすぐ見ている。でも、どことなく親しみやすく愛嬌のある雰囲気が魅力的。
 
虎sample image 梅原龍三郎
《裸婦虎》


制作年:1926
形質:画布、油彩 サイズ:21.6×40.7cm


大らかなタッチの虎がどことなくユーモラス。野性味を忘れたかのように、女性に寄りそう姿が愛らしい。
  爬sample image 三沢厚彦
《Animal 2011-04》


制作年:2011
形質:木、彩色 サイズ:10.0×25.0×4.0cm


クスノキでできたヤモリは、キョロッとした目がかわいらしく、ユーモラスな表情が特徴。スピード感のある(のみ)跡から、草むらに身をひそめているような生き生きとした感じが伝わる。
イメージ2

※ 展示内容は変更になる場合がございます。ご了承ください。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat