美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去の展覧会 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

開館25周年記念展

舟越桂 2012-永遠をみるひと-

2012年9月15日(土)-11月25日(日)

現代日本のアートシーンを代表し国際的評価の高い彫刻家、舟越桂ふなこし かつら。 舟越がつくり出す木彫の人物像は、遠いまなざしでたたずんでいます。それはあたかも「限りなく遠くにあり、つかもうとしてもなかなかつかみきれない自分自身」 *をみつめるかのように。 *舟越桂『言葉の降る森』1988年より

今秋、開館25周年を迎えるメナード美術館では、その記念展として「舟越桂2012」を開催します。 《妻の肖像》1979-80で楠による半身像を制作して以来、舟越桂は今日までに140点の木彫作品を制作しています。 日常的な着衣と大理石製の眼をもつスタイルの人物像は、やがて現実を離れたフォルムや、2004年に第一作が発表された「スフィンクス」のシリーズへと展開をみせます。 本展では、初期から最新作までの木彫作品22点を、ドローイングや版画とともにご紹介します。 また、童話「ピノッキオ」を描いた水彩画全14点や、自身の子供のためにつくった夢あふれるオブジェなども併せてご覧いただきます。

中部地区にとって初の個展となるこの待望の展覧会をぜひご期待ください。

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat