美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去の展覧会 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

特別展

パスキンとパリを愛した画家たち
-北海道立近代美術館コレクションを中心に-

2010年4月24日(土)-6月27日(日)

20世紀初頭のパリは、フォーヴィスムやキュビスムなど新しい美術運動が起こり、芸術の都として世界の注目を浴びました。特に1910年代から30年代にかけて、パリに憧れて世界各国の若者が集い、エコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれる芸術家群が生まれました。

この展覧会は、エコール・ド・パリの中心的な画家の一人であるジュール・パスキン(1885-1930)を中心に、パスキンと同年代のパリを生きた画家たち、さらにはパリに渡った日本人画家たちの作品を紹介するものです。出品作の中核をなすのは、日本における最大のパスキンのコレクションで知られる北海道立近代美術館の所蔵作品です。柔らかな線と淡い色彩に包まれたパスキンの作品とともに、それぞれの画家たちのパリをお楽しみください。

※会期中一部展示替えがあります(前期:4/24~5/30 後期:6/1~27)

展示構成
Ⅰ パスキン1885-1930
Ⅱ エコール・ド・パリとその周辺の画家たち1910s-30s
Ⅲ パリに渡った日本人画家たち1910s-30s

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat