美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去のイベント 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

展覧会タイトル

 ぬりえコーナー

ぬりえコーナー

本展でコレクションから初公開する今井龍満《Lion》。
今井龍満さんのご了解をいただき、今回特別に《Lion》のぬりえイベントをご用意いたしました!
今井さんの《Lion》は、百獣の王らしい精悍な顔つきや、それを引き立てるたてがみが自由で勢いのある線とカラフルな色彩で描かれており、熱い血潮がほとばしるような迫力が感じられます。
みなさまもこの機会に今井龍満《Lion》のぬりえに挑戦してみませんか。
会場の入り口にて、みなさまのぬりえ作品を掲示し、芸術的なライオンでいっぱいにします。

日時:会期中開催
会場:アネックス・ホール(別館)
会期中の入館券が必要

 学芸員によるギャラリー・トーク

3月19日・4月23日(土) 14:00~(約20分)
申込不要・当日の入館券が必要

 ワークショップ「石川進一朗の虫ムシワ-ルド」申込先着30名

虫ムシワ-ルド

大人もびっくりするような精密な昆虫の3D切り紙。中学生の切り紙作家のみごとな技をご覧ください。みなさまも石川進一朗さんと昆虫アートを作ってみませんか。

日時:3月20日(日) 14:00~16:00
講師:石川進一朗氏(切り紙作家)

協力:名古屋大学博物館
進行:野崎ますみ氏(名古屋大学博物館学芸員)
会場:アネックス・ホール(別館)
会期中の入館券と保険料50円が必要
小学生以上対象

〈石川進一朗〉
2001年名古屋市生まれ。4歳のころから大好きな昆虫の切り紙を始め、蝶や甲虫類などさまざまな昆虫を飼育・観察し、切り紙制作に生かしている。名古屋大学博物館にて、昆虫標本と切り紙と博物画を紹介する「ムシの世界」展(2015.7.6~10.30)に約100種の3D切り紙を制作・出品。

 虫ムシワールド-3D切り紙で魅せる昆虫-

虫ムシワールド-3D切り紙で魅せる昆虫-

石川進一朗(切り紙作家)の3D切り紙制作には下絵がありません。1枚の紙を2つに折り、ハサミで切って、指で折り込んだだけでできています。そんな石川さんの作品の一部をご紹介いたします。

日時:会期中開催
会場:アネックス・ホール(別館)
会期中の入館券が必要
協力:名古屋大学博物館

 講演会「どうぶつとアート」申込先着60名

カレンダー

前東山動物園長に美術館に展示されている絵画に出てくる動物の生態や秘密、最近話題のイケメンゴリラなどのお話をしていただきます。また、東山動物園で人気のある動物が描いた絵も披露されます。

講師:小林弘志氏(前東山動物園長)
日時:4月2日(土)14:00~(約60分)
会場:アネックス・ホール(別館)
会期中の入館券が必要

〈小林弘志〉
愛知県蒲郡市出身。1951年生まれ。岐阜大学農学部獣医学科卒業。1974年4月名古屋市役所に就職。2002年4月動物園に配属。教育普及主幹として来園者対応、マスコミへのPRおよび動物病院長。2007年4月より2010年3月まで東山動物園長。現在、東山動物会館 館長。趣味は海釣り。

ワークショップと講演会の申込方法

2月6日(土)より受付
TEL・FAX・E-mail・当館受付のいずれかで以下をご記入の上、お申込みください。(1件の申込は4名まで)

①イベント名 ②代表者氏名、電話番号 ③参加者氏名(よみがな)
※小中学生は保護者名も明記
申込受付後、参加当日のご案内をお知らせいたします。

申込先:メナード美術館イベント係
TEL (0568)75-5787 FAX (0568)77-0626 E-mail museum@menard.co.jp

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat