美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

過去のイベント 基本情報 出品作品 イベント 見どころ

所蔵企画

シャガール版画展

2007年3月7日(水)-5月6日(日)

絵ものがたり『ダフニスとクロエ』のお話会

『ダフニスとクロエ』は、古代ギリシアの作家ロンゴスが書いた恋愛物語です。
この愛の物語を鮮麗な色彩のあふれる画面を描き出した、シャガール。
1958年には、フランスの作曲家ラヴェルの音楽によるバレエ『ダフニスとクロエ』の舞台美術と衣装を担当しています。

シャガールが、神に直接コンタクトする手段として音楽や舞踊を重視していたこと、そして「真の芸術は愛である」と語っていたことから、この愛の物語は、正に彼の芸術そのものであったのではないかと考えられます。

物語に耳をかたむけながら、
シャガール版画を楽しむまたとない機会に是非ご参加ください。

.春休みお話会『ダフニスとクロエ』の物語

お子さまにも楽しんでいただけるお話会

日 時:3月28日(水) 午後2時~3時30分
会 場:メナード美術館 展示室
出 演:白樺 八靑(やお)(女優)
参加方法:入場無料・要入館券/申込不要

.朗読の夕べ『ダフニスとクロエ』より ~ギターとともに

ギターの調べで奏でられる愛の物語

日 時:4月14日(土)午後6時~7時 *当日は午後7時30分まで開館
会 場:メナード美術館 展示室
出 演:朗読:白樺 八靑(やお)(女優)  ギター:望月 雄史(たけし)(ギタリスト)
参加方法:入場無料・要入館券
申込不要(先着50名はご着席いただけます 当日整理券配布)
対象:高校生以上

白樺 八靑氏白樺(しらかば) 八靑(やお)
女優。ミュージカルで主演デビューし、数々の舞台に出演。その後、ノンジャンル歌手としてさまざまな場所で歌う。
現在は、「声の表現者」として演劇・歌唱・朗読・ダンスなどの分野で境界を取り去った独自の表現世界を創り上げている。
また、多くの人に声や言葉の楽しさを伝えるため、現在10箇所の教室や講座で常任講師を務めている。

望月 雄史氏望月(もちづき) 雄史(たけし)
ギタリスト。1996年より音楽活動を開始。以来さまざまなジャンルのライブ、コンサート、レコーディングに参加。広い知識と柔軟な音楽性を武器に、クラシックから、ジャズ、ポップス、シャンソン、ボサノバ、民族音楽まで、各ジャンルの伴奏者として精力的に活躍。
2006年3月、全盲のバイオリニスト穴澤雄介とのユニット「Noche & Monte」で、「第25回浅草JAZZコンテスト」バンド部門で金賞を受賞。
2006年8月、「Noche & Monte」で、「赤煉瓦サマー・ジャズ in 舞鶴2006」一般公募オーディションで、優秀賞を受賞。

オーディオ・ツアー(音声ガイド)会期中開催

物語のあらすじとやさしい解説でシャガール版画の世界をお楽しみいただけます。
(利用料:500円)

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat