美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

村上華岳MURAKAMI Kagaku1888-1939

聖蓮華

聖蓮華
1937(昭和12)
紙本彩色
114.2×31.8cm

大正7(1918)年、京都市立絵画専門学校の卒業生であった土田麦僊らと国画創作協会を立ち上げた村上華岳は、その生涯において仏画をよく描いた。《阿弥陀》(大正5年)や《聖者の死》(大正7年)ののち、本格的に仏画が主題となるのは、芦屋に移った大正後期からであり、華岳終焉の地となる神戸花隈においてますます比重を高めていった。

主なものは釈迦と観音菩薩である。悟りを開かんと瞑想する若き釈迦の姿は華岳自身を想わせる。一方、女性的な様相を持つ観音菩薩には、華岳の求める「久遠(くおん)の女性」が宿っている。

本作は、頭上に宝冠を戴き、瓔珞で飾ったこの上なく豪奢な菩薩像である。だが、しなやかな衣を身にまとい、一輪の蓮を手に微かな笑みを湛えたその姿には、華岳特有の官能的な香りが漂う。画壇から離れた孤高の制作活動と持病の喘息との闘いの中、厳しい精神修養のうちに生み出された美の結晶である。

その他のコレクション -村上華岳-

  • 牡丹花
  • 観音
  • 牡丹遊蝶図
  • 寒岫松籟図
  • 如意輪観音図
  • 拈華観音

セレクト10 -日本画-

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat