美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

村上華岳MURAKAMI Kagaku1888-1939

菩提樹下静観之図

菩提樹下静観之図
1935(昭和10)
紙本彩色
117.4×31.4cm

村上華岳は生涯に多くの仏画を描きましたが、本格的に制作するようになったのは京都から芦屋に移った大正後期からです。さらに1927(昭和2)年に画壇を離れ、神戸花隈で孤高の制作活動に専念するにつれて、ますますその比重は高まっていきました。

本作品では、釈迦が菩提樹の下で降魔を追い払い、悟りを開いた場面を描いています。基調となる墨の表現とでいの鈍い銀色の輝きが、悟りを得た劇的な瞬間を静謐かつ神々しく表しています。

華岳は瞑想する若き仏陀を好んで描きました。その求道の姿に、芸術を追い求める画家自身の心を投影させていたのかもしれません。

その他のコレクション -村上華岳-

  • 牡丹花
  • 観音
  • 牡丹遊蝶図
  • 寒岫松籟図
  • 如意輪観音図
  • 拈華観音

セレクト10 -日本画-

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat