美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

前田青邨MAEDA Seison1885-1977

紅白梅

紅白梅
© Y.MAEDA & JASPAR, Tokyo, 2013 E0815
1960(昭和35)
紙本彩色
88.0×66.5cm

寒風の中、春の訪れを告げるかのようにひときわ早く花開く梅。可憐な白梅と艶やかな紅梅は、その色の美しさとかぐわしい香りで万葉の時代より人々に愛されてきました。満開に咲き乱れる紅白の梅花が画面全体に描きこまれた本作品では、背景の琳派風の色分けが華やかさを高めています。

前田青邨の出身地である中津川は野鳥が多く生息するところです。青邨自身も幼少の頃から絶えず鳥を飼うなど、身近な存在として鳥に接してきました。この作品でも古木の風格漂う苔むした幹と、大胆に曲がった枝の中に幾羽かの小鳥の姿がみられます。画家の優れた観察力だけでなく、自然への惜しみない愛情がみてとれる作品です。

その他のコレクション -前田青邨-

  • 激流
  • 八重椿
  • 千羽鶴
  • 奈良の鶴之子

セレクト10 -日本画-

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat