美しさにまごころこめて

日本メナード化粧品株式会社

   

織部亀甲文州浜形手鉢

織部亀甲文州浜形手鉢
17世紀(桃山時代)
陶器
25.5×21.8×17.5cm

大名であり茶人としても名を馳せた古田織部の好みにより、美濃(岐阜)の窯で焼かれたやきものを「織部焼」といいます。

織部には緑釉が施されたものと黒織部があり、茶碗をはじめ香合、手鉢、水指、向付など多種の器物が作られました。それらは歪みを強調した形と自由奔放な文様を特色とし、奇抜ともいえる意匠性が今日なお注目されています。この州(洲)浜形の手鉢は、白化粧地に緑釉を掛け分けた織部らしいもので、亀甲文や唐草文、斜線により端正な装飾が施されています。

セレクト3 -工芸-

  • (日本) 織部亀甲文州浜形手鉢
  • 板谷波山 彩磁草花文水差
  • 黒田辰秋 螺鈿黒漆大名縞手筥

セレクト3 -書-

  • 伝・藤原行成 亀山切
  • 伝・藤原佐理 筋切通切
  • 本阿弥光悦 蓮下絵和歌巻断簡

このページの先頭へ

メナード美術館

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat